お盆に御仏前へ備える品

スポンサーリンク

お盆に御仏前へ供える品々とは?

お盆とは、旧暦の7月15日を中心に行われる、先祖供養の儀式を言います。

 

これは、日本古来の信仰にある、先祖があの世から戻ってきて、また天に還るという話と、仏教行事が結びついた儀式と言われています。

 

ちなみに仏教では、千里眼を持つ釈迦の弟子・目連が、死後地獄に落ちた母を、釈迦の教えによって僧侶に食べ物を施して供養することで救うことが出来た、という言い伝えがあるそうです。

 

つまり、地獄に落ちて苦しんでいる霊を救う為の、供養の儀式なのですね。

 

さて、そんなお盆ですが、先祖や故人を祀る御仏前には、どのような品々を供えるものなのでしょうか?

 

 

<お盆に御仏前に供える品 その1:精霊棚>

 

まずは、お盆前の8月12頃に、お盆の供養の飾り付けである「精霊棚」を行います。

 

位牌を仏壇から取り出して、仏壇の扉は締め、その前に小さな机を置き、白い布を被せます。

 

本来は笹の支柱に真菰(まこも)の綱を張って、棚の上に真菰を敷いたりしますが、そこまでやらなくても大丈夫です。

 

 

<お盆に御仏前に供える品 その2:盆花>

 

ほおずきやガマの穂、桔梗などが飾られますが、市販の小菊や白菊など仏花で代用しても大丈夫です。

 

本体は綱に逆さに吊るすようですが、すぐ枯れてしまいますので、花瓶に入れて飾っても問題ありません。

 

 

<お盆に御仏前に供える品 その3:仏具>

 

中央に位牌を安置した後、その前に仏茶器や仏飯器、高杯を置きます。

 

位牌の前に置ききれなくなってきたら、白い布を被せた机の上に、燭台や香炉、鈴を飾ります。

 

最前列には旬の食べ物や故人が好きだったお菓子などを御仏前に供えます。

 

 

<お盆に御仏前に供える品 その4:水の子>

 

お盆の御仏前に供える品の中でも、あまりご存じない方も多いのが「水の子」です。

 

これは、茄子を賽の目に切ったものを蓮の葉に飾ったものだったり、洗ったお米に賽の目にしたきゅうりや茄子を蓮の葉に飾ったものを言うようです。

 

蓮の葉がない場合は、お椀やお皿でも問題ありません。賽の目に切った茄子やキュウリ、そしてお米は、人間の百八つの煩悩を表すそうです。

 

 

<お盆に御仏前に供える品 その5:きゅうりの馬と茄子の牛>

 

きゅうりの馬は、ご先祖様や故人が、馬に乗って一刻も早く帰ってきてください、という気持ちを込めています。

 

また、茄子の牛は、滞在後は牛歩でゆっくり極楽へお帰り下さいね、という気持ちを表しているそうです。

 

日本人の祖先や故人を想う気持ちが、とても良く表れている品ですね。お盆には是非御仏前にお供えしてみては如何でしょう?

 


スポンサーリンク