不祝儀袋は『御仏前』?

スポンサーリンク

不祝儀袋に使用するのは御仏前?

不祝儀袋は、通夜や葬儀、告別式や法事など、お悔やみや弔事の際に現金を包む、水引の付いた袋を言います。

 

不祝儀袋は香典袋やお悔やみ用の「のし袋」などとも呼ばれ、水引が印刷されたものや袋が二重になった、正式な不祝儀袋などがあります。

 

不祝儀袋にも、御霊前、御仏前、お花料、御玉串料、献花料など様々ありますが、とりあえず「御仏前」を使用すれば大丈夫なのでしょうか?

 

 

<不祝儀袋に使用するのは御仏前で大丈夫?>

 

不祝儀袋に使用するのは、「御仏前」で大丈夫なのでしょうか?

 

実は「御仏前」という不祝儀袋は、日本の仏教でしか使用出来ないうえ、49日の法要以降でなければ使用出来ません。

 

日本の仏教では、49日の法要までは忌中と言い、亡くなった方は霊となり極楽浄土への旅に出ますが、49日の法要後に仏となり、極楽浄土に辿り着く、と信じられています。

 

よって、49日の法要までは、「御霊前」の不祝儀袋を使用し、49日の法要後は「御仏前」の不祝儀袋を使用するのです。

 

なお、同じ日本の仏教でも、浄土真宗などの真宗派は、亡くなった方は霊にはならず、速やかに仏となる為、49日以前も「御仏前」の不祝儀袋で問題ないそうです。

 

ちなみに神道では「御玉串料」や「御神前」、キリスト教では「御花料」や「献花料」を使用しますが、どちらの宗教でも「御霊前」の不祝儀袋は使用出来るそうです。

 

亡くなった方の宗教が分からない時は、「御仏前」ではなく、「御霊前」の不祝儀袋を使うようにしましょう。

 

 

<御仏前などの不祝儀袋の様々な意味とは?>

 

御仏前などの不祝儀袋に付いている水引の結び切り。これは何か意味があるのでしょうか?

 

実はこの水引の「結び切り」の意味は、結び切りは固く結んであり、解くことが難しいことから、葬儀などの弔事は人生1度きりにしたい、という気持ちを表しているそうです。

 

また、不祝儀袋には「のし」は付けず、袋が二重になった正式な不祝儀袋は、裏側の折り目は返しが下を向くようにします。

 

「のし」は「熨斗鮑(のしあわび)」から来ており、葬儀などは生臭物を避ける為、のしはつけません。

 

 

<御仏前などの不祝儀袋の注意点とは?>

 

また、裏側の折り目の意味は、悲しみでうつむく姿を現しているそうです。(慶事は逆に折り目は上向きにします)。

 

くれぐれも逆に折り目を付けないように気を付けましょう。

 

また、御仏前などの不祝儀袋は、お供えする金額によって不祝儀袋のグレードを変えます。

 

5千円くらいまでは水引が印刷されているものを使用し、1万円以上の場合は実物の水引が掛かっているものを使用しましょう。

 

また、蓮の花が印刷されているものは、蓮は仏教のシンボルですので、御仏前と同様、仏教以外の不祝儀袋としては使用できませんので、注意しましょう。


スポンサーリンク