お彼岸と御仏前

スポンサーリンク

お彼岸に御仏前にお供えする物とは?

太陽が真東から昇り、真西に沈んで、昼と夜の長さが同じになる春分の日と秋分の日を挟んだ、前後3日の計7日を「お彼岸」と呼びます。

 

日本仏教では、お彼岸に仏様となった故人や祖先を供養することで、極楽浄土に行ける、という信仰があるそうです。

 

寺院では、「彼岸会(ひがんえ)」と呼ばれる法要が行われ、各家でもお墓参りや仏壇にお供えをし、故人や先祖を供養する習わしがあります。

 

そんなお彼岸には、御仏前に何をお供えしたら良いのでしょう?

 

また、葬儀などでは友引は縁起が悪いと敬遠されますが、お彼岸の御仏前へのお参りも、友引は避けるべきでしょうか?

 

 

<お彼岸に御仏前へお供えする物とは?>

 

お彼岸にお墓や仏壇など、御仏前にお供えする物にはお花、果物、おはぎ(ぼたもち)、故人の好きだったもの、などをお供えします。

 

お菓子や果物は直接置かず、二つ折りにした半紙の上に置いたり、綺麗なお皿に盛ったりします。

 

お花は、仏花と言われる菊に限らず、季節のお花や故人が特に愛したお花などをお供えすると良いでしょう。

 

ところで、お彼岸に御仏前にお供えすることが多い、おはぎとぼたもち。この違いは何だか分かりますか?

 

実は、おはぎもぼたもちも同じものを指しているのですが、春は牡丹の花にちなんで「牡丹餅」、秋は萩の花にちなんで「御萩」と呼んだことが由来のようです。

 

四季のある日本らしい、素敵な名前の付け方ですよね。

 

お彼岸に実家や本家などの仏壇やお墓に行けない場合や、他家に伺う場合は、お供えの他にお線香をお届けすると良いようです。

 

お供えの際は「御仏前」と記載し、お届けするようにしましょう。

 

 

<お彼岸に御仏前へお参りする日が友引の場合>

 

葬儀では縁起が悪いと言われる友引。お彼岸に御仏前へお参りする日も、友引は避けるべきでしょうか?

 

友引や大安などの「六曜(ろくよう)」は、中国の吉兆占いの一種であり、本来仏教とは全く関係がないそうです。

 

よって友引でも仏滅でもお彼岸に御仏前へお参りすることは、なんら問題がありません。

 

また、お彼岸に御仏前にお参りする際の服装ですが、葬儀とは違いますので、平服で全く構いません。

 

むしろ、お墓周りを掃除する必要がありますので、動きやすい服装のほうが望ましいでしょう。

 

ただ、最近お亡くなりになった方のお墓参りは、地味な色の服装のほうが失礼がありません。あまり華美な恰好は避けるようにしましょう。

 

更に、「お参りするのは午前中が良い」という話もありますが、特に午前中に限らず、いつでもお参りして構わないようです。

 

大切なのは、お彼岸に故人や先祖を想い、御仏前へお参りすること。そんな素敵な習慣を続けていきたいものですね。

 


スポンサーリンク