法事の御仏前の相場

スポンサーリンク

法事の御仏前の相場とは?

本来は、法事に呼ばれると、線香やロウソク、お菓子などの供物を持参するものでしたが、最近では供物料として現金を包むことが一般的となっています。

 

そんな御仏前やお供物料としての現金は、一体いくらくらい包めばよいのでしょう?

 

あまり相場とかけ離れていると、施主に失礼だったり、自分が恥をかいたりしてしまうこともありますし、後々まで覚えていられるのも嫌ですよね。

 

また、大金を包めば良いというものでもなく、法事の際に多額の御仏前をお贈りすると、施主に却って気を遣わせてしまうことになります。

 

法事の際は、一体いくらくらい御仏前を包めばよいのでしょう?まずは全国的な相場を見てみましょう。

 

 

<法事に包む御仏前の全国平均相場>

 

※平均値なので、数千円単位の端数が出ています。しかし1万円を超える場合は万単位にし、キリの良い数字で包むようにしましょう。

 

☆夫婦で参列する場合

 

別居の親・・・24,000円

 

兄弟姉妹・・・20,000円

 

親戚  ・・・16,000円

 

祖父母 ・・・16,000円

 

 

☆一人で参列する場合

 

別居の親・・・15,000円

 

兄弟姉妹・・・13,000円

 

親戚  ・・・10,000円

 

祖父母 ・・・10,000円

 

 

<法事の御仏前金額の勘案方法とは?>

 

非常に悩ましい法事の御仏前金額ですが、施主は「会食代」+「土産代」として1万円ほど掛かると言われています。(注:地域差や親族間のしきたりによって異なります)

 

法事の実費で1人1万円掛かるのに、5千円の御仏前ではちょっと気が引けますよね。

 

よって、会食があるかどうか、お土産があるかどうかを勘案し、法事の御仏前金額を決めるのも良いと思います。

 

また、過去に自分が施主になった前例がある場合は、相手が包んできた分だけ包む、というのも法事の御仏前金額の考え方のひとつです。

 

なにはともあれ、まずは年輩の親戚に一度相談してみるのが、一番良いかもしれませんね。

 

 

<法事の御仏前はいつ渡したら良いの?>

 

さて、悩みに悩んだ御仏前ですが、法事のいつのタイミングで施主にお渡しすべきでしょうか?

 

ご自宅やお寺など、法事会場に着いたら、施主に御挨拶をしますが、その時に御仏前を袱紗から出し、お渡しすれば大丈夫です。

 

その後施主は、仏壇の前に御仏前をお供えし、やがて法事が開始されるという流れが多いようです。

 

法事の御仏前をお渡しする機会は、何度もあるものではないので、つい忘れてしまいがちなマナーですが、是非覚えておきましょう。


スポンサーリンク