法要と御仏前

スポンサーリンク

法要後の御仏前お返しの注意点とは?

仏式で葬儀を行った場合、四十九日法要や一周忌法要など、様々な方法が営まれます。

 

そんな法要を行った際、施主側は頂いた御仏前への香典の御礼として、引き出物を贈ることがマナーとなっています。

 

そんな法要後の、御仏前への香典のお返しの注意点とは、一体どのようなものがあるのでしょうか?

 

 

<法要後の御仏前お返しの注意点 その1:香典返しと呼ばない>

 

故人が仏になる前、つまり四十九日までのお供えは「お香典」と呼びますが、それ以降の法事においては「御仏前」と呼びます。

 

つい、頂いたお香典のことは、いつまでも「お香典」や、お返しのことを「香典返し」と呼んでしまいますが、厳密には違います。

 

四十九日の前後で呼び方が変わることに注意しましょう。

 

 

<法要後の御仏前お返しの注意点 その2:半返しではありません>

 

一周忌法要でも、参列する側は御仏前へ金品のお供えをし、施主側は御膳と引き出物でお返しをすることが一般的です。

 

四十九日前の香典には、頂いた香典の半額を目途にお返しをする「半返し」が習慣として行われています。

 

しかし、四十九日後の法要は、頂いた御仏前への金品に対し、7割程度のお返しをすることになっているようです。

 

7割程度のお返しには「御膳」と「引き出物」が含まれます。

 

地域にもよりますが、法要時の御仏前への金品は1万円から2万円包むことが多く、それに対する御礼は御膳が5千円〜1万円前後、引き出物が3千円〜5千円程度が相場のようです。

 

しかし最近では、お互いの負担を軽くする為、法要後の御仏前への金品は少なくて良いので、御礼には御膳無し、引き出物はお菓子程度というケースも増えてきたようです。

 

時代と共に、法要における御仏前をめぐる習慣も変わってくるのかもしれませんね。

 

 

<法要後の御仏前お返しの注意点 その3:供物を持参する場合>

 

法要後の御仏前への金品とは別に、線香など供物を持参する場合、熨斗紙にも注意が必要です。

 

供物を四十九日法要前にお渡しする場合は、「御霊前」を使用し、四十九日法要後は「御仏前」を使用します。

 

四十九日の法要前までは、まだ忌明けではなく、故人がまだ仏になっていない(成仏していない)からだそうです。

 

四十九日法要に持参する供物に熨斗を付ける場合は、その表書きにも十分注意しましょう。

 

 

<法要後の御仏前お返しの注意点 その4:引き出物>

 

法要後の御仏前への金品のお返しとして、引き出物をお渡しする際、お茶やお菓子など、消えものを選ぶようにしましょう。

 

消えものではなく、形が残るものを贈ってしまうと、その品を見るたびに故人を思い出してしまいます。

 

また、消えものでもハムや魚、生ものなども、あまり相応しくありません。

 

法要後の御仏前へのお供えのお返しには、以上の点を注意して、引き出物を選ぶようにしましょう。


スポンサーリンク