御仏前の金額の書き方

スポンサーリンク

御仏前の香典金額の書き方とは?

御仏前の香典袋に入っている、中袋の記載方法や御仏前の香典袋の選び方にも、様々なルールがあるようです。

 

慶弔関係は決まったマナーがありますので、これに添わないことがあると恥をかくことに!

 

御仏前の金額の書き方やマナーとはどのようなものがあるのでしょう?

 

 

<御仏前の金額の書き方とは?>

 

御仏前の香典袋の内袋には、以下のような漢数字を使用することが習慣となっていました。

 

1=壱  2=弐  3=参  5=伍  7=漆(稀ですが) 10=捨
万=萬  円=圓

 

これは、一や二などの文字は、後で線を書き加えて改竄出来てしまう為、このような漢数字を使用したようです。

 

しかし最近では、数字を書く欄が横書きになっているものも市販されている為、アラビア数字で書く場合もあるようです。

 

また、5,000円を御仏前の金額にする場合、「金伍阡圓也」と、「也」を付けることもありますが、付けなくても問題ないようです。

 

尚、御仏前の香典袋の内袋には、金額だけでなく、住所と氏名も記載するようにしましょう。

 

 

<御仏前の金額のマナーとは?>

 

御仏前の金額を書く際、正式には筆を使うそうですが、筆ペンでも問題ありません。

 

中に入れる金額は、死や苦を連想させる数字の4や9がつく金額は避けた方がよいようです。

 

また、地域の風習によっても異なりますが、3千円以下の金額を御仏前としてお渡しする方もおられますが、あまり少額ですと香典返しや通夜料理代などで赤字になってしまいます。

 

よって3千円以上の金額で御仏前は包むようにしましょう。

 

 

<職場で纏めてお渡しする、御仏前金額の書き方とは?>

 

職場の仲間内で、少額ずつ御仏前の金額を出し合う場合は、3千円、5千円、1万円、2万円、3万円などキリの良い金額にしましょう。

 

御仏前のお香典が纏まったら、氏名・金額・住所の明細を以下の通り記載し、中袋に入れます。

 

※住所は遺族が御礼状を書き易い為に記載しますが、記載しない場合もあります。

 

人事部一同

 

山田 太郎  五千円  〒○○○○ ○○県○○市○○
田中 一郎  五千円  〒○○○○ ○○県○○市○○
鈴木 次郎  五千円  〒○○○○ ○○県○○市○○
佐藤 三郎  五千円  〒○○○○ ○○県○○市○○

 

尚、上記書き方例は横書きですが、縦書きが一般的だそうです。

 

 

<御仏前の香典袋は金額によって違う?>

 

御仏前の香典袋は、水引が印刷されたものから、豪華な水引が付いているものまで様々ありますが、どれを選べばよいのでしょう?

 

目安としてではありますが、水引が印刷されている御仏前の香典袋は5千円くらいまで、豪華な水引が付いているものは1万円以上だそうです。

 

豪華な御仏前の香典袋には、万単位の金額を入れる、と覚えておくと良いかもしれませんね。


スポンサーリンク