御仏前などの香典の種類

スポンサーリンク

御仏前などの香典の種類とは?

香典とは、元々は線香や抹香、供花など「香る」ものを、亡くなった方の御霊前や御仏前にお供えしたことから名づけられたそうです。

 

そんな香典は、時代の変化と共に、線香や抹香、供花の代わりに、御霊前や御仏前へお供えする金品を言うようになり、現在に至るようです。

 

御霊前や御仏前にお供えする金品は、不祝儀袋に入れて、遺族に手渡されますが、その表書きは宗教ごとに異なります。

 

御仏前などと書かれた香典袋は、宗教によってどのように違うのでしょうか?

 

 

<御仏前などの香典袋の違い その1:仏教>

 

仏教では、四十九日以前と四十九日以降で、御仏前などに供える香典袋の表書きは異なります。

 

人が亡くなって四十九日以前の場合、亡くなった方は霊となり、極楽浄土への旅が始まる為、「御霊前」の香典袋を使用します。

 

しかし、四十九日の法要後は、亡くなった方の霊は、極楽浄土で仏となりますので、「御仏前」の香典袋を使用します。

 

ただ、浄土真宗の場合は、亡くなった方はすぐに霊ではなく仏となることから、四十九日前でも「御仏前」の香典袋を使用するそうです。

 

なお、京都では、宗派に限らず、「御佛前(注:御仏前ではありません)」の香典袋を使用し、黄白水引きの結び切りとするそうです。

 

同じ仏教でも御仏前や御霊前、御佛前など、香典袋にも様々な違いがあるのですね。

 

 

<御仏前などの香典袋の違い その2:神道>

 

神道では、そもそも香を用いず、榊や玉串を使用する為、香典とは呼ばないそうです。

 

また、神道では、亡くなった方は霊となり、50日祭をもって家の守り神となるそうです。

 

よって御仏前などの香典袋の表書きは、「御霊前」や「御榊料」「御玉串料」などと記載するようです。

 

また、水引は白黒や双白(=白一色)の結び切りにしたり、麻緒(あさお)の結び切りを掛けるそうです。

 

 

<御仏前などの香典袋の違い その3:キリスト教>

 

キリスト教では、亡くなった方は霊となり、神に召されると信じられているそうです。

 

よって御仏前などの香典袋の表書きは、「御霊前」や「御花料」などのものを使用するそうです。

 

水引は掛けなかったり、双銀の結び切りにするか、白百合や十字架などが印刷された封筒を使用することも多いそうです。

 

なお、キリスト教でも、プロテスタントの福音派では、「御香典」や「御霊前」は異教の偶像崇拝と見做される為、「御花料」のみを使用するそうです。

 

また、カトリックでは「御ミサ料」を使用する、というお話もありますが、ミサは本来司祭への謝意を表す為に、遺族ではなく司祭にお渡ししたそうです。

 

よってカトリックで「御ミサ料」を使用するかどうかは、葬儀を行う教会に問い合わせてみた方が良いかもしれません。

 

仏教・キリスト教・神道と宗教は違っても、大切なのは故人を悼む気持ちです。心を込めて御仏前などの香典をお供えしたいものですね。


スポンサーリンク