御仏前と水引

スポンサーリンク

御仏前で営む行事毎の水引とは?

御仏前や御霊前にお供えする香典袋に掛けたり、お菓子や果物などのお供えに掛ける水引。

 

水引とは一体どのような意味があるのでしょう?また御仏前で営む行事毎に、どのような水引を使用したら良いのでしょう?

 

 

<御仏前などの香典袋に掛ける「水引」ってなんですか?>

 

水引(みずひき)とは、不祝儀や祝儀に、金品や品物を贈る際に用いられる飾りを言います。

 

水引の形態や色によって様々な使い分けがあり、祝儀では鶴や亀などのおめでたい飾り紐、不祝儀では白黒の結び切りなどが良く知られています。

 

水引の素材は、和紙をこより(細く切った紙をよったもの)にして糊を付け、乾かして固めたものです。

 

これに金銀の薄紙を巻いたり、細い繊維を巻きつけたりして使用されます。

 

御仏前など、弔事に掛けられる水引はシンプルなものがほとんどですが、慶事に掛けられる水引は、芸術的に美しい水引も数多くあります。

 

 

<御仏前で営む行事毎の水引 その1:葬儀や法事>

 

葬儀や法事で使用される、四十九日までの御仏前へのお供えの水引には、白黒の水引を使用します。

 

四十九日までの表書きは、「御霊前」「御香典」「御供物料」を使用します。

 

四十九日後の法事で、御仏前へのお供えの水引には、黄白の水引を使用します。

 

四十九日後の表書きは、「御仏前」や「御供物料」を使用するそうです。

 

また、「弔い上げ」となる50回忌や100回忌(←ほぼありませんが)などの法事の場合は、紅白の水引を使用します。

 

弔い上げの表書きは、四十九日後と同様「御仏前」や「御供物料」を使用するそうです。

 

 

<御仏前で営む行事毎の水引 その2:僧侶への御礼>

 

御仏前で葬儀を営んで頂いた場合、僧侶への御礼は、銀の水引を使用するそうです。表書きは「お布施」となります。

 

また、この他に「御膳代」や「お車代」を包む場合は、白無地の封筒で水引は掛けないようです。

 

御仏前で法事を営んで頂いた場合、僧侶への御礼は、四十九日前は白黒の水引、四十九日後は黄白の水引を使用します。

 

表書きは葬儀同様「お布施」とし、「御膳代」や「お車代」も葬儀と同様に白無地の封筒で水引は掛けません。

 

御仏前で戒名や法名を授与された場合、僧侶への御礼は、紅白の水引を使用し、表書きは「戒名御礼」や「位戒料」「戒名料」となります。

 

門徒の方の場合は、「法名御礼」や「法名料」とするようです。

 

 

<御仏前で営む行事毎の水引 その3:新しく仏壇を開扉する場合など>

 

御仏前で新しく仏壇を開扉する場合、僧侶への御礼は、紅白の水引を使用し、表書きは「開扉供養御礼」とします。

 

また新しく石塔に入魂する場合、僧侶への御礼は、紅白の水引を使用し、表書きは「石塔建立御礼」とします。

 

その他、仏壇修理の為、仏壇から魂を一時的に抜いて貰う、新しく仏像に開眼・入仏・入魂する、などは紅白の水引を使用するそうです。

 

尚、これらの行事に招かれた方は、「開扉御祝」「石塔建立御祝」「開眼御祝」などで、やはり紅白の水引を使用するようです。

 

御仏前で営む行事には、実に様々な水引を使用しますので、御仏前にお供えする際は、失礼がないよう、確認するようにしましょう。


スポンサーリンク