御仏前へのお金の入れ方

スポンサーリンク

御仏前にお供えするお金の入れ方とは?

御仏前にお供えするお金の入れ方にも、様々な風習やしきたりがあります。

 

御仏前にお供えするお金の入れ方ひとつでも、故人や遺族を敬い、弔う気持ちが現れるもの。

 

折角の哀しい気持ちを、きちんとした形で表したいものですよね。

 

それでは、御仏前にお供えするお金の入れ方の注意点とは、どのようなものがあるのでしょう?

 

 

<御仏前に供えるお金の入れ方の注意点 その1:不祝儀袋の折り返し>

 

不祝儀袋の上下の折り返しは、下側の折り返しを隠し、上側の折り返しが見えるようにします。

 

祝儀袋では逆になります。「哀しみの時は頭を垂れ、嬉しい時は上を向く」というイメージだと覚えやすいですね。

 

是非御仏前に供えるお金の入れ方以前に、不祝儀袋の折り返しにも注意しましょう。

 

 

<御仏前に供えるお金の入れ方の注意点 その2:お札を揃える>

 

お札を不祝儀袋に入れる際は、お札の裏が表書きに向くようにし、お札を揃えて入れるようにしましょう。

 

この入れ方は、悲しみで顔を伏せる、という意味もありますし、お札が揃えてあれば、遺族の方がお札を数えやすくなります。

 

御仏前に供えるお金は、お札を揃えるよう、入れ方にも注意しましょう。

 

<御仏前に供えるお金の入れ方の注意点 その3:新札は控えましょう>

 

新札は、「まるで用意していたよう」に見える為、不祝儀袋には向かない、と考える地域が大半だそうです。

 

よって、出来れば使ったお札が良いですが、あまりにも汚いお札も御仏前に供えるお金としては相応しくありません。

 

ある程度綺麗なお札を使用し、新札しかない場合は一度折り目を付けるなど、入れ方にも注意しましょう。

 

 

<御仏前に供えるお金の入れ方の注意点 その4:4や9は避ける>

 

御仏前に供えるお金の金額には決まりはありませんが、「死」や「苦」を連想させる4千円、9千円、4万円、9万円などは避けるようにしましょう。

 

 

<御仏前に供えるお金の入れ方の注意点 その5:郵送の場合>

 

諸事情により、通夜や葬儀、法事などに出席出来ない場合は、御仏前に供えるお金の入れ方は不祝儀袋ごと現金書留封筒に入れると良いそうです。

 

また、お悔やみの言葉を一言添えると、より気持ちが伝わります。

 

 

<御仏前に供えるお金の入れ方の注意点 その6:袱紗の色>

 

御仏前にお供えするお金の入れ方以前のお話ですが、袱紗(ふくさ)の色にも注意が必要です。

 

袱紗の色では、慶事には暖色系、弔事には寒色系を使用します。尚、紫色はどちらにも使用できるそうです。

 

袱紗の色一つでも、弔意を表す日本のマナー。是非覚えておきたいですね。

 


スポンサーリンク