新盆と御仏前

スポンサーリンク

新盆での御仏前にお持ちすべき物とは?

新盆とは、その年に亡くなった方が、初めて迎えるお盆のことを言います。

 

ただ、四十九日の忌明けよりも前にお盆が来た場合は、翌年が新盆になるそうで、ちょっと注意が必要です。

 

そんな新盆は、普通のお盆よりも、特に丁寧に故人を供養する為、親戚や故人と深い縁のあった方をお招きし、僧侶に読経をして頂くことが多いようです。

 

それでは、新盆に招かれた場合、御仏前には何を持参したら良いでしょうか?

 

 

<新盆に招かれた場合の御仏前へのお供えとは?>

 

新盆に招かれた場合、親族は盆提灯を贈るしきたりがあったそうです。

 

しかし最近では、住宅事情も昔と異なる為、御仏前には現金やお供え物としてお線香や果物、故人が好きだった食べ物を贈ることが多いそうです。

 

新盆で現金を御仏前にお供えする場合は、喪家とのおつきあいの程度によって変わりますが、5千円から1万円のようです。

 

親族ではなく、故人の縁のある方として招かれた場合は、御仏前として現金をお供えします。

 

故人の縁のある方の場合の相場は、やはり故人や喪家とのおつきあいの程度によりますが、同じく5千円から1万円のようです。

 

どちらもご縁の深さや地域の習慣などによって異なりますので、新盆にはご自分がお考えになる金額を御仏前としてお供えしましょう。

 

 

<新盆に招かれた場合の御仏前へのお供えマナーとは?>

 

新盆に招かれた場合の御仏前へのお供えマナーとしては、不祝儀袋の選び方からあるようです。

 

新盆などお盆という行事は仏教行事ですので、不祝儀袋の表書きは「御仏前」「御佛前」「御供物料」などを使用します。

 

また、水引は新盆やお盆の場合は、白黒よりも双銀や藍銀、黄白の結び切りの水引のものを使用するほうが良いようです。

 

新盆での御仏前にお供えするお札は、新札は使わず、新札しかない場合は、2つに折って折り目を付けてから袋に入れます。

 

お札の枚数も4枚や9枚など、「死」や「苦」を連想させる数字にならないように気を付けます。

 

また、不祝儀袋はお供えする金額に合ったものを選び、金額が少ない場合は立派すぎる不祝儀袋は避けるようにします。

 

新盆の御仏前にお供えものを手配する場合は、お供え物の表書きは「御供」などとし、水引は双銀や藍銀、黄銀、黄白の結び切りにします。

 

 

いかがでしょう?新盆の御仏前にお供えするだけでも、様々なマナーがありますが、一番大切なのはマナーよりも『故人を悼み、敬う気持ち』です。

 

新盆へに招かれた場合は、御仏前に供えつつ、ゆっくりと故人と語り合っては如何でしょうか?

 


スポンサーリンク