御仏前へのお供えに『のし』は必要?

スポンサーリンク

御仏前へのお供えに「のし」は不要?

御仏前へのお供えとして、品物を贈る際に「のし」をつけることは失礼だと聞きました。

 

一体なぜ御仏前へのお供えには「のし」を付けてはいけないのでしょう?

 

 

<御仏前へのお供えには「のし」は不要?>

 

のし(熨斗)は、正式には熨斗鮑(のしあわび)と呼ばれ、昔は薄く伸ばした鮑を縁起物として贈り物に添えていたことから来たそうです。

 

熨斗鮑は、昆布や紙で代用されるようになり、現在では簡略化や象徴化が進み、四角い紙を長六角形の色紙で包んだものが使用されています。

 

元々は、のし自体に吉凶の意味もなかったのですが、仏事では生臭物は使用出来ないことから、御仏前へのお供えには「のし」を付けなくなったそうです。

 

このように、御仏前へのお供えに「のし」が使わなくなったことから、「のし」はお祝いの象徴と認識され、現在に至っているようです。

 

そう考えると、祝儀袋や不祝儀袋を「のし袋」、お供えに添える紙を「のし紙」と言いますが、「のし」がついていなくても、こう呼ばれています。

 

論理的にはおかしな話ではありますが、御仏前には「のし」は不要と覚えておきましょう。

 

 

<御仏前のお供えには「のし紙」を使用しましょう>

 

御仏前にお供えする食品やお菓子には「のし無し」の「のし紙(=かけ紙)」を使用します。

 

二度と繰り返したくないお悔やみごとには、水引は結び切りにし、四十九日までは「御霊前」や「御仏前」と表書きします。

 

その他、「御香典」「御供」「御供物」「御仏前(←浄土真宗などの真宗系の場合)」などと表書きすることもあります。

 

四十九日後は、御仏前にお供えの「のし紙」の表書きは、仏教では「御仏前」、キリスト教では「御花料」、神道では「御玉串料」「御榊料」を使用します。

 

のし紙の下段には、表書きより少し小さく送り主の名前を記載しますが、毛筆もしくは筆ペンで書くことが礼儀とされています。

 

ただ、どちらも無い場合、サインペンやフェルトペンで書いても問題ありませんが、ボールペンで書くのは失礼ですので止めましょう。

 

また、御仏前へのお供えの表書きは、自己流の崩した字ではなく、なるべく丁寧な楷書体で書くようにしましょう。

 

 

<御仏前にお供えする「のし紙」の掛け方は?>

 

御仏前にお供えする「のし紙」の掛け方には「内のし」と「外のし」があります。

 

どちらが主流なのかは、地域や風習の違いによって異なりますが、慎み深い気持ちを表す為に「内のし」を掛ける方も多いようです。

 

どちらにせよ、御仏前にお供えする品にはきちんと「のし紙」を付け、心を込めてお供えしたいものですね。

 


スポンサーリンク