御霊前と御仏前の違い

スポンサーリンク

御霊前と御仏前の違いとは?

香典袋を買いに行くと、御霊前、御仏前、御玉串料、お花料など、様々な種類のものがあります。

 

御玉串料は神道、お花料はキリスト教と、名前を見ればなんとなく分かるものもありますが、御霊前と御仏前は迷う方が多いのではないでしょうか?

 

御霊前も御仏前も、どちらも仏教の香典袋として使用するので悩みますよね。一体その違いはどこにあるのでしょう?

 

 

<御仏前と御霊前の違いとは?>

 

御仏前と御霊前の一番の違いは、御仏前は仏教でしか使えませんが、御霊前はどの宗教でも使える点です。

 

また、御霊前は通夜・葬儀・告別式・初七日に使用され、御仏前は四十九日以降に使用されます。

 

日本の仏教では、四十九日が来るまでは、故人の魂は霊となっていると考えられる為「御霊前」を使用します。

 

そして四十九日の法要が終わると、故人の霊は成仏し、極楽浄土に行くと考えられる為「御仏前」を使用するそうです。

 

しかし、浄土真宗や真宗の派閥では、故人=霊になる、という考えではなく、人は亡くなったら速やかに浄土に向かい成仏する、と考えられている為、御霊前は使わないそうです。

 

御仏前と御霊前、なかなか奥が深いですね。

 

 

<御霊前と御仏前の香典袋の違いとは?>

 

御霊前と御仏前の香典袋の違いは、「蓮の花があるかどうか」という点があります。

 

蓮の花は仏教のシンボルであり、泥水の中から生じ、清らかで美しい花を咲かせる姿が、仏の慈悲や叡智の象徴とされているそうです。

 

また、蓮の花は如来像の台座としても使用されるように、仏教では切っては切れないものとなっているようです。

 

よって、御仏前では使用出来る蓮の花の絵が入った香典袋は、仏教色が強い為、他の宗教では使用出来ないのです。

 

 

<御霊前はなぜ他の宗教では使用出来るの?>

 

それでは、御仏前は無理でも、なぜ御霊前は他の宗教で使用出来るのでしょうか?

 

神道の場合、「御玉串料」や「玉串料」を、御仏前のように宗教色の強い色合いを持つものとして使用します。

 

しかし神道では、人が亡くなると魂となり、霊璽に移って守り神になると信じられています。

 

よって魂=霊である為、御霊前は使用出来るということのようです。

 

また、キリスト教では、「お花料」を御仏前のように宗教色の強い色合いを持つものとして使用しています。

 

しかしキリスト教の場合も、人が亡くなると魂になり、神に召されると信じられているため、御霊前は使用出来るようです。

 

御仏前、御霊前、玉串料、お花代と、様々ありますが、故人の宗教が分からない場合は、「御霊前」を使っておけば間違いありません。

 

迷った時は御霊前。是非覚えておきましょうね。


スポンサーリンク