四十九日と御仏前

スポンサーリンク

四十九日に御仏前で行う法要の意味とは?

仏教において、人が亡くなってから四十九日目を『満中陰』若しくは『四十九日』と呼びます。

 

厳密には、四十九日までの間に七日毎の法要が営まれ、四十九日目で忌明けとなります。

 

この七日毎の法要でも、現在では、亡くなってから七日目に行う「初七日」以外の法要は遺族だけで法要を営み、供養することが多いそです。

 

しかし、四十九日の法要は忌明けの日として、親族や故人と深い縁があった方々をお招きし、僧侶による読経・焼香の後、会食が行われます。

 

四十九日は忌明けという、ひとつの節目となる為、納骨式が行われることも多いようです。

 

そんな四十九日に御仏前で行う法要の意味とはどのようなものなのでしょう?

 

また、他の宗教では、四十九日に御仏前で行う法要のようなものはあるのでしょうか?

 

 

<四十九日に御仏前で行う法要の意味とは?>

 

仏教では、人が亡くなると霊となり、その後四十九日かけて浄土に向かい、四十九日法要を終えることで成仏し、晴れて極楽浄土に辿り着くと考えられています。

 

よって、故人の魂を無事に極楽浄土に送る最後の供養として、四十九日法要が営まれるとも言われています。

 

しかし、同じ仏教でも真宗(浄土真宗や真宗大谷派など)は、人が亡くなるとすぐに成仏し、極楽浄土に迎え入れられると考えられている為、四十九日以前も「御霊前」を使わず「御仏前」を使うそうです。

 

そんな真宗には亡くなった時点で成仏している為、四十九日の法要は要らないように見えますが、実際は他の仏教同様、御仏前で四十九日法要は営まれるそうです。

 

 

<神道でも四十九日に御仏前で営むような儀式はあるの?>

 

神道では四十九日の御仏前で営むような儀式に「五十日祭」というものがあります。

 

神道では、亡くなった方は御霊となり、霊璽(れいじ)に乗り移り神となりますが、五十日掛けて荒ぶる神から家の守り神になると信じられています。

 

また、以前は葬儀(火葬祭)の後に遺骨を墓地に移して埋葬していましたが、最近では遺骨は持ち帰り、五十日祭の頃に埋葬することが多いそうです。

 

尚、四十九日に御仏前にお供えする不祝儀袋は「御仏前」ですが、五十日祭にお供えする不祝儀袋は「御玉串料」や「御霊前」を用いるそうです。

 

 

<キリスト教でも四十九日に御仏前で営むような儀式はあるの?>

 

キリスト教では、四十九日の御仏前で営むような儀式に、カトリックは「追悼ミサ」、プロテスタントは「記念式」があるそうです。

 

これらには仏教のような「忌明け」という概念はなく、必ず行われる儀式ではないようです。

 

四十九日に御仏前にお供えする不祝儀袋は「御仏前」ですが、カトリックの場合は「ミサ御礼」、プロテスタントの場合は「記念献金」を用いるそうです。

 

宗教が変われば、様々変わるものですね。

 


スポンサーリンク