御仏前の相場

スポンサーリンク

御仏前の相場とは?

御仏前として香典袋に入れる金額って、地域の常識によって左右される為、なかなか悩みますよね。

 

御香典の贈り手の年齢や、故人との付き合いの深さによっても相場は左右するようです。

 

一番良いのは、同じ立場で御香典を贈る親族や仲間等と相談し、金額を決めるのが良さそうです。

 

しかし残念ながら自分一人だけ遠方に住んでいるとか、他に故人と接点があった方と付き合いがない場合は、御仏前の相場を参考にするしかありません。

 

それでは、目安ではありますが、贈り手の年代と故人による御仏前相場を見てみましょう。

 

 

亡くなった方    贈り手が20代   贈り手が30代    贈り手が40代以上

 

両親・親     30,000〜100,000 50,000〜100,000   50,000〜100,000

 

兄弟・姉妹    30,000〜50,000      50,000         50,000

 

孫        10,000〜50,000  10,000〜50,000    10,000〜50,000

 

祖父母      10,000       10,000〜30,000    30,000〜50,000

 

親戚       10,000      10,000〜20,000    10,000〜30,000

 

勤務先の上司  5,000〜10,000   5,000〜10,000     10,000〜

 

上司の家族   3,000〜5,000     3,000〜10,000    5,000〜10,000

 

同僚         5,000     5,000〜10,000    10,000〜

 

友人      5,000〜10,000   10,000〜30,000    10,000〜30,000

 

友人の家族    3,000〜5,000    3,000〜10,000    3,000〜10,000

 

隣近所       3,000〜5,000    3,000〜10,000    3,000〜10,000

 

恩師         3,000〜5,000    3,000〜10,000    3,000〜10,000

 

 

如何でしょう?上記はあくまで御仏前の相場であり、故人との関係性やお気持で金額がもっと多くなることもあります。

 

また、会社関係の場合、御仏前として多額のお金をお渡しするだけではなく、電報や供花など別の形で故人を悼む方法もあります。

 

御仏前の相場は相場として、ご自分の立場や気持ちにあった金額を包むようにしましょう。


スポンサーリンク