御仏前と薄墨

スポンサーリンク

御仏前へのお供えは薄墨で書くべき?

御仏前へお供えする金品や品物には、不祝儀袋や掛け紙を用意します。

 

その御仏前にお供えする、四十九日以前の不祝儀袋や掛け紙の色は、薄墨で書くべき、という風習があるようです。

 

一体なぜ、四十九日以前の御仏前へのお供えは、薄墨で書くべきなのでしょう?

 

 

<御仏前へのお供えに薄墨で書く意味とは?>

 

御仏前へのお供えの表書きに限らず、ちょっと昔までは硯と墨を用意し、墨をすって書いていました。

 

四十九日までは、突然の訃報を聞き、墨をすって書く為、「予期せぬ訃報に慌て、墨をきちんとする時間がありませんでした」と言う意味合いがあるようです。

 

確かに訃報は突然来ますし、すぐにでもはせ参じる必要がありますので、悠長に墨をすっている時間はありませんものね。

 

また、別の説によると、突然の訃報による悲しみのあまり、すった墨が涙で薄くなってしまった、という意味合いもあるようです。

 

また、御仏前へのお供えとして頑張って墨をすろうにも、悲しみで力が入らず、薄い墨になってしまった、という意味合いもあるそうです。

 

いずれにしても、薄墨は突然の訃報による動揺から、御仏前へのお供えに書く墨が薄くなったことを表しているのですね。

 

墨ひとつで様々なことを表現する、細やかな日本人の心が偲ばれる風習とも言えますね。

 

 

<御仏前のお供えの文字はいつも薄墨?>

 

それでは、そんな御仏前へのお供えには、常に薄墨で良いのでしょうか?

 

上記でも記載した通り、御仏前へのお供えの文字が薄墨の意味は、「突然の訃報による動揺」です。

 

よって、法事や四十九日法要後の御仏前へのお供えは、前もって準備出来ますので、薄墨ではなく、普通の濃さの墨を使用します。

 

また、同じ意味合いで、法事に欠席する場合のお断り状を書く際も、薄墨ではなく、普通の濃さの墨で問題ありません。

 

尚、薄墨は自分で硯と墨を使わなくても、「薄墨筆ペン」が市販されてしますので、こちらを使用すると便利です。

 

あまり使用する機会がないことを祈りますが、念のため、自宅に1本用意しておくと良いかもしれませんね。

 

 

<慶事には薄墨は使ってはダメ>

 

見てきたように、薄墨を使用するのは、御仏前や御霊前など、弔事に使用するものです。

 

よって、結婚式やお祝いなどのおめでたい席では、絶対に薄墨で書いてはいけません。

 

間違って使用しては大変失礼です。使用には十分注意しましょう。


スポンサーリンク