御仏前への袱紗の包み方

スポンサーリンク

御仏前へお持ちする袱紗の包み方は?

御仏前にお供えする不祝儀袋は、きちんと袱紗(ふくさ)に包んでお持ちしていますか?

 

袱紗とは、不祝儀袋や祝儀袋のお札が折れたり、汚れたりしないようにという思いやりを包む布を言います。

 

袱紗は本来、四角い布を言いましたが、最近では、金封タイプの金封袱紗や、端が解けないように爪がついているものや、台付のものも市販されているようです。

 

そのような御仏前にお持ちする袱紗は、一体どのように包んだら良いのでしょう?

 

 

<御仏前にお持ちする袱紗の包み方>

 

まずは、四角い布の袱紗の包み方は、左側に爪が来るように袱紗を開き、中央に不祝儀袋を置きます。

 

次に右側、下、上と順に折り曲げていきます。最後に残った左側を折り、爪を指して留めます。

 

左で右を押さえる意味は、開け閉めに使う方を押さえることで、「不幸が簡単に繰り返されないように」という意味が籠っているそうです。

 

御仏前への袱紗の包み方は複雑そうに見えますが、慣れるととても簡単です。

 

ちなみに金封タイプや爪付などの袱紗は、袱紗の包み方を考える必要もなく、そのまま不祝儀袋を綺麗に包むことが出来ます。

 

御仏前への不祝儀袋の包み方に自信がない方は、これらのタイプを使用してみると良いでしょう。

 

 

<御仏前にお持ちする袱紗の色は?>

 

御仏前にお持ちする袱紗には、様々な色があり、慶事や弔事の両方に使える色もあります。

 

御仏前にお持ちする袱紗は、青・緑・紫、紺・グレーなど、暗めの色が望ましいです。

 

慶事でも使える色は、男性は青、女性はえんじ色の袱紗で、男女両方が使えるのは紫色だそうです。

 

御仏前にお持ちする時だけでなく、いざという時の為に、包み方の簡単な袱紗で結構ですので、1つは袱紗を用意しておきましょう。

 

 

<御仏前にお持ちする袱紗の中身の包み方とは?>

 

御仏前にお持ちする袱紗の中身、つまり不祝儀袋にも包み方のマナーがあります。

 

御仏前に入れるお札は、新札ではなく、少々使用感のある綺麗なお札か、新札しかない場合は、二つ折りにしてから中袋に包みます。

 

中袋の包み方は、袋の表がお札の顔と逆になる様に、お札を揃えて入れるようにします。

 

「御仏前」などの不祝儀袋の包み方は、中袋を入れた後、折り目が下を向くように折りたたみます。

 

この包み方は、「哀しみで顔が下を向く」とイメージすれば覚えやすいと思います。

 

最後に袱紗に包む前に、不祝儀袋の中包みに、金額、住所、氏名が記載してあるか確認します。

 

御仏前にお持ちする弔事や結婚式のような慶事はいつやってくるか分かりません。

 

その日の為に、御仏前などの不祝儀袋への袱紗の包み方をマスターし、スマートに弔意を伝えられるようにしておきましょう。


スポンサーリンク