香典返しが不要

スポンサーリンク

香典返しが不要な時とは!?

香典は、基本的には故人の友人・知人から故人に対して贈られたお包ですので、故人の代行として香典返しを贈ることがマナーとなっています。

 

けれど、そのような『故人からの最後のお礼』としての香典返しが不要なケースがあるそうです。

 

一体どのようなケースなのでしょうか? 早速見てみましょう!

 

 

<香典返しが不要なケース 
 その1:辞退された場合>

 

会社関係者が連名で少額ずつの香典を出す場合や、大切な方が亡くなって大変な時に、遺族の手を煩わせたくない、と思う方は『香典を辞退したい』旨を香典袋の余白に書いてくることがあります。

 

また、丁寧に以下のような手紙を添える方もあるようです。このような場合は、お気持ちを有難く頂戴し、香典返しは不要となります。

 

『○○様のご訃報に、謹んで哀悼の意を表しますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。

 

同封の微、なにとぞご霊前にお供えいただけますようお願い申し上げます。

 

尚、香典返しのお気遣いは不要でございます』

 

 

<香典返しが不要なケース 
 その2:弔電やお悔やみの手紙のみの場合>

 

弔電のみ頂いた場合や、お悔やみの手紙のみ頂いた場合は、香典返しは不要だそうです。

 

頂いたお気持ちを有難く頂き、忌明け(四十九日)までにお礼状を送るようにしましょう。

 

 

<香典返しが不要なケース 
 その3:故人が大黒柱の場合>

 

残された遺族の生活や将来の事を考え、香典返しはしなくても良いそうです。

 

但し、お香典を頂いたお礼と香典返しをしない非礼を詫びる礼状は、必ず出すようにしましょう。

 

 

<香典返しが不要なケース 
 その4:故人が大黒柱で子供が小さい場合>

 

故人が一家の大黒柱であった場合で、しかも子供が小さい場合も、残された遺族の生活や将来が心配ですので、香典返しはしなくても良いそうです。

 

但し、このケースも、お香典を頂いたお礼と共に、頂いた香典は故人の子供達の教育費に役立てる旨など記載し、礼状を出すようにしましょう。

 

 

<香典返しが不要なケース 
 その5:香典返しの代わりに寄付をする場合>

 

香典返しの一部を、葬儀当日にお渡しした簡単な返礼品で済ませ、残りは寄付に充てる場合は香典返しが不要になります。

 

但し、香典は『故人の為に』贈られたものですので、寄付をする風習がない地域では、香典を贈った方の反感を買う可能性があります。

 

(『寄付に使われる為に、香典を贈った訳ではない!』と思われる方もいらっしゃるようです)

 

出来れば香典は、頂いた目的通り『故人の為に』使用し、寄付は故人の遺産からするなど、分けて考えた方が良いようです。


スポンサーリンク