香典返しと寄付

スポンサーリンク

香典返しを寄付しても良い?!

近頃、身内など大切な方を亡くされた方々から、「香典返しに代えて、ある慈善団体に寄付したい」とか「故人の遺産を社会の為に役立てたい」という申し出が増えているそうです。

 

一見、とても素晴らしいことのように見えますが、これって問題ないのでしょうか?香典返しを寄付するとはどういうことか、一緒に考えてみましょう。

 

 

<香典返しを寄付するのは問題ない?>

 

香典返しは本来、忙しい中にも拘らず、葬儀に参列して下さったり、香典を下さった方に対する感謝の気持ちです。

 

一方、一部地域によっては、香典返しをしないで、福祉など(多くは『社会福祉協議会』)に寄付する習慣がある町もあるそうです。

 

そして会葬礼状や香典返し(ハガキのみ)にも、『香典返しに代えて寄付する』旨を明記し、贈っておられるそうです。

 

ただ、香典返しを寄付するという行為は、この地域でも共通認識のある『町内だけの習慣』であり、町外の方にはきちんと香典返しを贈ることが多いようです。

 

(そもそも共通認識のある町内の方々は、遺族が寄付することを見越して、香典の金額も低く抑えるそうです。)

 

よって、全面的にどなたに対しても『香典返しを寄付に回します』とは言えないようです。

 

 

<贈った香典返しを寄付される気持ちは?>

 

そもそも香典返しを寄付するという行為は、何が問題なのでしょうか?まずは香典を下さる方の立場に立ってみましょう。

 

香典を下さる方としては、お香典は『少ないですが、故人にお供えください』という気持ちや『ご葬儀などの費用にお役立てください』という気持ちを込めた贈り物です。

 

こうした感情は特に、故人との関係が深く、故人を心から愛しており、そして遺族を心から心配している方が抱きがちな感情でもあります。

 

そうした気持ちを無視し、故人への供え物や葬儀の費用など、故人に纏わることに使われるのではなく、寄付という形を取られることは、非常に哀しいことです。

 

あなたがその立場なら『寄付して貰う為に、包んだんじゃない!』という気持ちが湧きませんか?

 

この気持ちは『香典返しが欲しいから』という気持ちとは全く次元の違う感情です。大変失礼なことだと筆者は個人的に思いますが、如何でしょう?

 

 

<香典返しではなく、自腹で寄付では?>

 

ただ、故人がある慈善団体に生前から寄付していたり、遺言で『遺産は○○協会に寄付して欲しい』などを言っていた場合があります。

 

そういう場合も、やはり香典返しから寄付してはいけないのでしょうか?

 

遺言で故人が寄付を望んでいる場合は『故人の遺産から』寄付すれば良いことです。至ってシンプルです。

 

ただ、「あなたが」香典返しを寄付したいのであれば、筆者は『香典返しは香典返しとしてきちんと贈り、寄付は故人の遺産の「あなたの取り分」からすべき』だと思います。

 

香典返しより寄付をして役立てたいと思う尊い気持ちは『あなたのお気持ち』であって、香典を贈った方々の気持ちは完全に無視されているからです。

 

これを『独りよがり』と言わずして、何と言いましょう。

 

故人への気持ちが強くあればあるほど、故人を愛しておられた方々には、心を込めて礼を尽くし、寄付は寄付として「個人的にすべき」と思いますが、如何でしょう?


スポンサーリンク