香典返しをもらったら

スポンサーリンク

香典返しをもらったら御礼すべき!?

お通夜や葬儀に参列したり、遠方の場合は郵送などでお香典を贈ると、四十九日を過ぎたあたりで香典返しを頂きます。

 

香典返しをもらったら、どのような対応をすれば良いのでしょうか?不祝儀とはいえ、素直に御礼を言っても大丈夫なのでしょうか?

 

早速見てみましょう!

 

 

<香典返しをもらったら 通常編>

 

一般的に、香典返しをもらったら、御礼を言ったり、御礼の品物を返したりしないそうです。

 

香典返しをもらったら、御礼を、と思う気持ちは分かりますが、昔から「不祝儀が繰り返される、あとを引く、長引く」という考え方があり、却って失礼になるそうです。

 

また、四十九日までは、遺族の方々は葬儀・告別式・お墓の手配や形見の整理、法的な処理などで忙殺されるもの。

 

そんな中、電話や訪問などがあると、対応に追われ、「ありがた迷惑」になることもあります。

 

香典返しをもらったら、遺族の多忙さや悲しみを考え、御礼は自粛し、静かに故人の冥福を祈るようにしては如何でしょう。

 

 

<香典返しをもらったら 親しい間編>

 

故人や遺族と親しい関係があり、日頃からお付き合いのある関係でも、基本的に香典返しの御礼は不要です。

 

ただ、届いたことを知らせたい、とか、その後が気になって・・・という方は、香典返しをもらったら、少し日を置いてハガキや手紙で連絡すれば大丈夫です。

 

文面は、遺族のその後の様子を見舞うような文章に、香典返しを受け取ったことを添えてみると良いようです。

 

具体的には、「その後いかがお過ごしですか。先日はご丁寧なご挨拶の品が届き、ペンを取りました」というようなさりげない表現が良いでしょう。

 

また、少し遺族が落ち着いてきた場合は、頃合いを見て「もうそんな時期なのですね。。。」とさりげなく電話で励ますのも良いかもしれません。

 

また、香典返しの御礼としてではなく、用事があって電話した時に一緒に伝えるというのもさりげなくて良いですね。

 

ただ、電話は相手の都合や状態を無視してコンタクトを取ってしまう側面もありますので、出来れば手紙やはがきなどで気持ちを伝える方が、悲しみを癒す途中の遺族には有難いかもしれませんね。

 

 

<香典返しをもらったら タブー編>

 

香典返しをもらったら、つい行動してしまいがちなタブーがあります。

 

それは先程記載した、『御礼を言う』、つまり『ありがとう』という言葉です。

 

一般的には『ありがとう』は感謝を示す素敵な言葉ですが、『嬉しい』という意味にも取れてしまいます。

 

香典返しをもらったら、悲しみに暮れている大切な遺族の立場に立って、一層丁寧に対応したいものですね。


スポンサーリンク