連名の香典・香典返し

スポンサーリンク

連名の香典・香典返しのマナーとは!?

同じ職場やグループの方から、連名で香典を頂いたり、香典を出したりしたことはありませんか?

 

連名で香典を頂いた場合、香典返しはどのようにすればよいのでしょう?

 

また、連名で香典を出す場合、どのような点に気を付ければ良いのでしょう? 早速見てみましょう!

 

 

<香典を連名で頂いた場合の
 香典返しのマナーとは?>

 

香典の額は1人当たり5,000円が相場で、香典返しは2〜3,000円程度になると言われています。

 

ただ、連名の場合は、1人当たり2,000円やそれ以下の場合が多く、香典返しは1,000円以下となってしまいます。

 

この場合、職場や良く集まる機会のある、仲の良いグループであれば、後日1人1人にお渡し出来る菓子折りなどを持参し、お礼を伝えれば良いようです。

 

但し、連名でも、1人当たりの香典の額が3,000円以上の場合は、香典返しをそれぞれの住所に直送するか、住所が分からない場合は、代表者に人数分をお渡しすれば良いそうです。

 

 

<連名で香典を贈るマナー 
 その1:全員の住所を書く>

 

連名で、1人当たりの香典額が3,000円以上の場合は、全員の住所とフルネームを記載した別紙を同封しましょう。

 

全員の住所が記載されていなかったり、フルネームが分からない場合は、香典返しを手配する際、喪主がそれらを調べる手間が増え、折角の香典が「有難迷惑」なものになってしまいます。

 

喪主の負担を考え、必ず忘れずに記載するようにしましょう。

 

 

<連名で香典を贈るマナー 
 その2:少額の場合は香典返しの辞退を>

 

連名で、1人当たりの香典額が2,000円以下の場合は、『香典返しを辞退』にしましょう。

 

喪主側としては、たとえ少額であっても、お香典を頂いた方にはきちんと香典返しをしたいと思うもの。

 

けれど、香典返しに1人当たり1,000円以下であれば、香典返しの品物+送料+手間を考えれば、香典返しを辞退したほうが、喪主も困らなくて済みます。

 

香典返しを辞退する際は、香典袋の余白に「お返しは不要です」などと記載すれば大丈夫です。

 

是非、連名で香典を贈る際は、香典返しをする喪主側のことも考える優しさを持ちたいものですね。

 

 

<連名で香典を贈るマナー 
 その3:個別の金額を記載する>

 

連名で香典を贈る際に、住所とフルネームを記載したまでは良いのですが、誰がいくらのお香典だったかを記載し忘れることが多いそうです。

 

職場で連名で香典を贈る際は、得てして上司は多く、同僚や部下は少なめに包むことが多いもの。

 

金額の記載がなければ、誰がいくら包んだか分からず、喪主も香典返しの手配の際、困りますよね。

 

喪主の手間を考え、連名で贈った香典額が違う場合は、個別の金額を記載するようにしましょう。

 

 

<連名で香典を贈るマナー 
  その4:友人との連名は避ける>

 

友人と連名で香典を贈る方もおられますが、フルネームと住所、金額がきちんと記載された別紙があれば問題ないですが
多くの場合、どれかが失念されてしまい、香典返しをどちらに贈って良いか等、いろいろ調べることが出来てしまい、二度手間になってしまいます。

 

なるべく友人との連名は避け、別々に香典を包んだほうが、忙しい遺族にとっては心遣いになり、助かるそうですよ。


スポンサーリンク