香典返しの品物

スポンサーリンク

香典返しの品物は何を贈ればいい?

香典返しは故人を偲んで葬儀・告別式などに参加して下さったり、香典を頂いた方に対する大切な御礼の気持ちです。

 

折角のお礼を贈っても、「常識のない人だなぁ」とか「有難いけれど…」なんて思われたら悲劇的ですよね。

 

それでは、香典返しにはどのような品物を贈れば無難でしょうか?そして、どのような品物は贈るべきではないのでしょうか?

 

早速見てみましょう!

 

 

<香典返しの品物の大前提とは?!>

 

香典返しの品物の大前提としては「すぐに使ってしまい、消えて無くなるもの」が良いと言われています。

 

これは、不祝儀をいつまでも残さないように、という配慮
のようです。

 

確かに品物には、その品物を入手した時の想い出が付いて回りますよね。楽しい思い出なら飾って楽しめますが、そうでない場合は…。

 

やはり使って無くなったり、食べて無くなったりするものが無難ですね。

 

尚、食べて無くなるものは、すぐに食べなくてもいいように、
ある程度日持ちするものが良い
とされているようです。

 

 

<香典返しの品物はどんなものが良いの?>

 

それでは、具体的に香典返しにはどのような品物が良いか
見てみましょう。

 

1.香典返しの品物 
 その1:食べ物

 

お茶・海苔・干しシイタケ・砂糖・お菓子などは良く使われる定番と言われています。

 

お茶は「お茶を飲んで故人を偲ぶ」ということから、砂糖は「白装束で仏の世界へ旅立つ」ことから選ばれていたそうです。

 

ただ、最近はお茶はあまりにも香典返しの王道であるが故に、
不祝儀が重なると「またお茶か…」と敬遠されることも。

 

そういった意味で、最近ではお菓子(御煎餅やクッキー等)が主流のようです。

 

また、故人の好物をあえて選び、故人を偲んでもらう、という方法もあるようです。こんな選び方も素敵ですね。

 

 

2.香典返しの品物 
 その2:石鹸・タオル・洗剤など

 

石鹸やタオル・洗剤なども、「使って無くなる」ものの最たるもの
ですので、今もこういった品物を贈る地域もあるようです。

 

石鹸や洗剤は「不幸を洗い流す」ということから、タオルは
「白装束で仏の世界へ旅立つ時のさらし」の意味で贈られていた
ようです。

 

ただ、最近は固形石鹸をあまり使わないご家庭や、洗剤の成分が肌に合わない方がいるご家庭、貰い物のタオルだらけ!という
ご家庭も多いとか。

 

確かに使って無くなりはしますが、最近ではあまり一般的ではないようです。

 

 

3.香典返しの品物 
 その3:カタログギフト

 

贈れる品物を、香典返しをされた方ご自身が決められる、ということで人気のカタログギフト。

 

これならお相手のニーズに合った品物を選んで頂けるので、
贈った方も贈られた方も助かります
よね。

 

 

<香典返しで贈ってはいけない品物とは?>

 

それでは、どんな品物は香典返し
として贈ってはいけない品物
なのでしょうか?

 

肉や魚などの生ものは、「四つ足生臭もの」と言われ、香典返しでは贈っていけない品物と言われています。

 

また、お花やケーキ、チョコレートなども、慶事を思わせる品
ですので、避けた方が無難
なようです。

 

全体的な話ではありますが、香典返しは頂いたお香典の3分の1から
2分の1でお返しするのが一般的です。

 

よって、お香典の金額より、あまりに高価な品物も香典返しとしては
不向きですので、気を付けるようにしましょう。


スポンサーリンク