葬儀の香典返し

スポンサーリンク

葬儀の香典返し方法2つ!

葬儀の香典返しの方法には、通夜や葬儀の際に香典と引き換えに贈る「当日返し(即返し)」と四十九日法要後の「忌明け返し」があるそうです。

 

葬儀の香典返しとしては、どちらの方法も良い点・悪い点がありますし、一概にどちらが良いとは言い切れません。

 

ただ、関東や東北地方では「当日返し」が採用されることが多いそうで、段々全国に「当日返し」の割合が広まっているとか。

 

葬儀の香典返しとして、どう違うのか、その違いについて見てみましょう!

 

 

<葬儀の香典返し その1:当日返しの良い点>

 

葬儀の香典返しとしての当日返しは、葬儀終了から四十九日法要までの短期間に香典返しの方のリストを作成し、香典返しの品を手配しなければなりませんが、当日返しの品は、香典の金額に拘らず、全て同額・同品ですので、最初に選び、数量を手配するだけで手間も省けます。

 

更に、参列者にそのままお渡し出来ますので、送料の心配もなく、相続税も低く抑えられる利点があるそうです。

 

 

<葬儀の香典返し その2:当日返しの悪い点>

 

当日返しの品の品質が低かったり、あまりに安っぽいものだと、単なる会葬返礼品と思われ、改めて香典返しが送られてくると期待されてしまう可能性があります。

 

また、5000円以上の香典を頂いた方には、四十九日後に改めて香典返しを贈る必要がありますが、当日返し分を差し引いた差額を贈る為、中途半端な香典返しになってしまうこともあります。

 

中途半端なものを贈るくらいならと、きちんとした香典返しを贈ると、半返し以上のお返しになってしまい、お互い気まずい思いをすることも。

 

更に、夫婦で5000円の香典を頂いた場合、夫婦別に当日返しをお渡しする為、結果的に割高な品を贈ることになってしまうこともあるようです。

 

 

<葬儀の香典返し その3:忌明け返しの良い点>

 

葬儀の香典返しを忌明け返しにすると、香典金額に併せたお返しが可能な為、中途半端なお返しを贈らなくて済みます。

 

香典返しを受け取る方の年齢や性別、家族構成に併せて、きめ細やかな香典返しが出来る為、贈り先の方に喜ばれることが多いようです。

 

 

<葬儀の香典返し その4:忌明け返しの悪い点>

 

会葬者のリストを作成する手間や、商品選びなど、ただでさえ忙しい中、四十九日までに手配を完了しなければなりません。

 

香典返しの費用を葬儀費用として計上出来ない為、相続税から差し引くことが出来なくなります。

 

個別宅配が増えるので、離島や海外在住の方への香典返しの場合、送料が気になることもあります。

 

 

それぞれ、良い点・悪い点がありますが、お住まいの地域の習慣や『しきたり』を考慮しながら、葬儀時に故人も喜ぶような香典返しをしたいものですね。


スポンサーリンク