密葬とは

スポンサーリンク

密葬とは一体なんですか?

葬儀の形も時代と共に変わっていきます。以前は葬儀といえば、新聞に死亡広告を出したり、友人・知人や親戚などに大々的に連絡し、なるべく多くの方に参列してもらう葬儀が良い、と思われた時代もありました。

 

しかし最近では、親類縁者との繋がりも希薄化し、更に葬儀費用の不透明さも拍車をかけ、密葬や家族葬も多くなってきたようです。

 

そんな一般的になってきた密葬ですが、密葬とは一体どのような葬儀なのでしょう?

 

 

<密葬とは?>

 

密葬とは、一般的な葬儀のように、多くの参列者を招き故人を悼むものではなく、遺族や親族、特別親しい友人知人など、限られた人々の間で行う葬儀を言います。

 

最近は家族葬と混同されがちですが、元々の密葬とは、政治家や芸能人などの有名人や土地の有力者、大会社の社長などが死亡した際、大規模な本葬を行う前に、内輪で行う葬儀を指していたようです。

 

よって、本来密葬とは、本葬や社葬、お別れの会など、別な形での葬儀を行う前の葬儀を指していたようです。

 

しかし家族葬は、本葬や社葬を行わず、近親者や遺族だけで、葬儀・告別式を含め、火葬まで執り行うものですので、密葬とは別物なのです。

 

とはいえ、時代の変化により、密葬とは単に通常と比べて小規模に行う葬儀、という認識に変化しており、家族葬との区分けが曖昧になってきていると言えそうです。

 

 

<密葬の利点とは?>

 

密葬とは、様々な利点が考えられます。

 

まず、密葬とは、遺族や親族、特に親しい友人知人の間で行われる葬儀ですので、他の参列者対応で気疲れすることなく、故人を悼み、送り出すことが出来る利点があります。

 

通常の葬儀を行った方はお分かりになると思いますが、参列者が多いと、参列者への対応、飲食物の手配、葬儀社との連絡など、目が回る忙しさで、ゆっくりと故人に向き合う暇すらありません。

 

最後のお別れを、親しい方々とだけ行われる密葬とは、実は故人を悼む葬儀の形としては、一番心が籠った形かもしれませんね。

 

また、密葬とは、参列者も少ない為、葬儀費用も通常の葬儀よりも安い費用で出来ることも利点の1つです。

 

最近は悲しみに暮れ、思考停止になりがちな遺族に、法外な値段の葬儀費用を請求する悪質業者が問題となっています。

 

そんな悪質業者のせいで、折角の大切な方を悼む儀式が、思い出すだけでも腹立たしい事件になってしまっては、本末転倒です。

 

密葬とは、葬儀費用も明朗会計であることも多い為、遺族の懐にも優しい葬儀の形かもしれませんね。

 

 

<密葬の注意点とは?>

 

密葬とは、ごく限られた方々の中でしめやかに故人を偲び、送り出す儀式ですので、他の故人に縁のある方でも参列は出来ません。

 

よって、最後のお別れを望んでいた方々からは、残念ながら反感を買ってしまうことも多々あるようです。

 

密葬に参加頂けない、故人に縁のある方には、丁寧に密葬で故人を送りたいことを伝え、理解を得るようにしましょう。

 

また密葬とは、文字通り「秘密に行う葬儀」ですが、何かの折に密葬をすることが漏れてしまい、主旨をご理解頂けない方が参列してしまうこともあるようです。

 

こうなると、密葬中も参列者対応に追われてしまい、密葬の意味が無くなってしまいますので、出来るだけ密葬であることは密葬終了まで伝わらないように気を付けましょう。

 

最後に、密葬とは、人数が限られた葬儀ですので、後から密葬を知った方々が、五月雨式に自宅に弔問し、お悔やみを頂くことも多いようです。

 

お気持は嬉しいのですが、遺族側は対応に追われたり、香典返しの用意などで、後から多大な労力が掛かることも多いようです。

 

そういった事態を避ける為にも、故人に特に縁のある方は別として、出来るだけ友人知人には、弔問や香典などは辞退したい旨を伝えておくと良いでしょう。

 

密葬とは、まだまだ一般的な葬儀の形として認識されていない部分もある為、誤解を招きやすい儀式ではあります。

 

密葬を行う方も、故人と縁のある方も、共に密葬を行う主旨を慮り、故人を偲ぶことが、故人への一番の供養になるのではないでしょうか。


スポンサーリンク