密葬の弔電

スポンサーリンク

密葬の弔電の注意点とは?

弔電とは、何らかの理由で葬儀を欠席する場合に、哀悼の気持ちを込めて喪主へ送る電報を言います。

 

そんな弔電ですが、密葬の場合は、弔電を送るにも注意点があるようです。一体どのような点に注意すべきでしょうか?

 

 

<密葬の弔電の注意点 その1:送って良いかは遺族次第>

 

一般的な葬儀の場合は、弔電を辞退する遺族はほとんどいませんが、密葬の場合は異なります。

 

そもそも密葬は、公開して葬儀を行うものではなく、家族や近親者でひっそりと行うものです。

 

よって、密葬を行う遺族によっては、弔電も不快に思う方もおられるようです。

 

せっかく弔電を送ったのに、逆効果になるなんて、お互いに不幸ですよね。

 

よって、密葬の遺族に弔電を送る際は、必ず相手に直接訪ねてから送るようにしましょう。

 

 

<密葬の弔電の注意点 その2:送ってはダメ>

 

密葬の通知が届いた方はともかく、それを聞いて密葬を知った方が弔電を送るのはマナー違反です。

 

弔電ではなく、たまたまお会いした時にでも、弔意を伝えるだけでも気持ちは伝わります。

 

特に仕事関係や故人や遺族との浅いお付き合いの方は、密葬である意味も考え、弔電を送るのは控えましょう。

 

 

<密葬の弔電の注意点 その3:敬称に気を付けましょう>

 

密葬の通知が来、遺族に弔電を受けて貰えて手配をする際、御尊父などの敬称には十分注意しましょう。

 

例えば、御尊父(=実の父)が亡くなった際、御岳父(=妻の父)と敬称を誤ってしまっては大変です!

 

以下が間違えやすい敬称ですので、十分気を付けるようにしましょう。

 

実の父:御尊父様、お父上様、父君

 

実の母:御母堂様、お母上様、母君

 

夫の父:御舅様、お父上様

 

妻の父:御岳父様、御外父様、お父上様

 

夫の母:御姑様、お母上様

 

妻の母:御岳母様、御外母様、お母上様

 

妻:御令室様、奥様、奥方様

 

夫:御主人様、旦那様

 

娘:御令嬢様、お嬢様、御息女様

 

息子:御令息様、御子息様

 

 

<おまけ:定番の密葬の弔電文>

 

弔電の文章は密葬でも一般的な葬儀でも、ほぼ同じです。

 

ただ、一般的な葬儀の弔電にありがちな「弔問かなわぬ非礼をお詫び」するような文章は、密葬という形式の為、相応しくありません

 

哀悼の気持ちが籠っており、かつあまり長くない文章を考え、弔電を送るようにしましょう。

 

例1:ご逝去の知らせを受け驚いております 御生前のお姿を偲び 心よりご冥福をお祈り致します

 

例2:ご訃報に接し 心から哀悼の意を表します 安らかにご永眠されますようお祈り致します

 


スポンサーリンク