密葬連絡と会社

スポンサーリンク

密葬連絡を会社に伝える場合・受ける場合

御家族が亡くなり、家族や親戚、故人と特に親しかった方だけで密葬を行うことに決めた場合、会社にはどう伝えるべきでしょうか?

 

また、葬儀は密葬で行うとの連絡を受けた会社側は、どのような対応を取るべきでしょうか?

 

 

<密葬の連絡を会社にする場合>

 

会社への密葬の連絡をする際は、@どなたが亡くなったのか Aいつ亡くなったのか B会社への忌引休暇申請をまず伝えます。

 

その後、一般葬ではなく、家族や親族だけで行う密葬であることを説明し、香典・弔電・供花などを受け付けるかどうかを会社に連絡します。

 

弔電や供花を受け付ける際は、密葬が行われる日程や場所も会社に伝えます。

 

悲しみで混乱し、とてもそれどころではない精神状態かもしれませんが、頑張ってここまでは会社に伝えるようにしましょう。

 

尚、密葬は一般葬とは違い、職場の人間は基本的に会葬しませんが、故人と個人的に関わりが深い場合は会葬して頂くことになります。

 

その際は別途、故人と縁が深い会社の方へ、密葬のご連絡をすることになります。

 

 

<密葬の連絡を受けた会社側の対応とは?>

 

社員からの密葬の連絡を受けた会社側は、会社によって違いがありますが、社員から見て2親等以内(実親・子・配偶者)が亡くなった場合は、会社社員全員に訃報を知らせます。

 

義理の関係や祖父母の密葬の場合は、会社によっては、関係部署のみの連絡になるか、連絡をしないケースがあるようです。

 

密葬での葬儀を社員が希望している場合、会社側は訃報通知に「密葬で行いますので、弔問・お香典は固くご辞退申し上げます」など、密葬で行う事実を伝えます。

 

また、普通は会社の服務規程に慶弔規程があり、忌引休暇や弔事金なども絡んできますので、それらの手配をします。

 

尚、密葬の連絡があっても、弔電に関しては特に断りがない場合は、会社や部署名、有志などで弔電を送ります。

 

ただ、密葬の場合は遺族が言い忘れている場合もありますので、念のため会社側は香典や供花、弔電を出してよいか聞いた方が良いでしょう。

 

 

<密葬の連絡を受けた会社の訃報通知例>

 

それでは、密葬の連絡を社員から受けた会社の、訃報通知の例を見てみましょう。(注:句読点は使用しないようにしましょう)

 

 

(社員/従業員)各位

 

訃報

 

○○部○○課 ○○○○氏の御尊父 ○○様には

 

○月○日(午前)心不全のため永眠されました 享年○○歳

 

通夜 葬儀告別式は御家族の御意向で密葬にて執り行われましたことを

 

お知らせ致しますと共に謹んでご冥福をお祈り申し上げます

 

なお 御香典 御供花 御弔電は謹んでご辞退されるとのことです

 

以上


スポンサーリンク