家族葬と密葬の違い

スポンサーリンク

家族葬と密葬の違いとは?

最近は一般的な葬儀とは別に、核家族化や経済的な理由から、家族葬や密葬を選ぶ方が増えてきているようです。

 

ほぼ同義語で使われる家族葬と密葬ですが、実は厳密には大きな違いがあるようです。どのような違いがあるのでしょう?

 

 

<家族葬と密葬の違いとは?>

 

家族葬とは、家族や親族、故人に深い縁があった方だけの、内輪だけで行われる葬儀を言います。

 

規模は小さいものの、通夜や葬儀は一般的なお葬式同様に行われます。

 

また、「家族葬」と言いながらも、厳密な家族だけではない場合も多く、『小規模葬儀』を指すことも多いようです。

 

対して密葬とは、本来は社葬など、後日改めて本葬を行う前に、通夜葬儀から火葬までを内輪で行う葬儀を言いました。

 

また、密葬の後の本葬は、公開した葬儀が行われますが、密葬は家族葬同様、公開されることはありません。

 

しかし、最近では、密葬だけ行い、本葬をしないケースも増えてきましたので、家族葬と同じ意味で使われることが多いようです。

 

 

<家族葬や密葬のメリットとは?>

 

家族葬や密葬のメリットは、故人との最後の時間を、故人と深い縁のある限られた人々とだけ過ごせることです。

 

一般的な葬儀では、弔問客への対応でバタバタし、とても静かに故人を追悼する時間は無くなります。

 

そういった故人と縁の深い方々との、大切な「想い」をカタチに出来るという意味で、最近は家族葬や密葬が脚光を浴びているようです。

 

また、家族葬や密葬は小規模で行われる為、儀式内容や料金が明朗化され、一般的な葬儀よりリーズナブルに済むこともメリットです。

 

更に家族葬や密葬は、葬儀の形式や宗教形態を規定しませんので、無宗教式で行われることもあるようです。

 

最近は僧侶へのお布施や戒名の値段でも、トラブルが多発しておりますので、そういう意味でも家族葬や密葬は人気があるのかもしれません。

 

 

<家族葬や密葬のデメリットとは?>

 

家族葬や密葬は、出席する人数を絞り込む為、どうしても葬儀に参加出来ない方が出てしまいます。

 

そういった方が、家族葬や密葬終了後、その事実を知り、後から五月雨式にお香典や弔問にいらっしゃることがあるようです。

 

有難いお気持ですから、無下にお断りすることも出来ず、後日香典返しや何やらで多忙を極めてしまうことも多いようです。

 

そうならない為にも、家族葬や密葬を行った旨をお知らせする際は、香典や弔問はご辞退頂きたい旨を一筆書いておくと良いでしょう。

 

とはいえ、やはり故人との繋がりが深かった方は、どうしてもお線香を上げたい、とか、お香典を差し上げたい、と思うこともあります。

 

その際は、故人との縁を大切にする意味でも、鄭重に対応するようにしましょう。


スポンサーリンク