お悔やみメールは失礼?

スポンサーリンク

お悔やみメールは失礼?

最近では、インターネットやスマホの普及により、電話よりもメールで訃報を受け取る機会も多くなりました。

 

そんな時、ご遺族にメールでお悔やみを述べることは失礼なのでしょうか?

 

また、訃報を知った側は、どのようなお悔やみメールを送ればよいのでしょう?

 

 

<お悔やみメールは失礼ですか?>

 

お悔やみメールは、遺族である友人知人が親しい間柄で、メールで訃報連絡を受けた場合は問題ありません。

 

また、会社の上司や同僚など、ビジネス関係者が遺族で、関係性が深い場合も問題ないそうです。

 

しかし、メールでのお悔やみはあくまで略式であり、取り急ぎ送るものですので、遺族に出会った際は、丁寧にお悔やみを述べるようにしましょう。

 

 

<お悔やみメール送付の注意点とは?>

 

お悔やみメールは、件名ですぐに「お悔やみメール」であることが分かる様に、簡潔に書きます。

 

また、時候の挨拶は抜きで、すぐにお悔やみの言葉を書くようにします。

 

言葉遣いはお悔やみメールである以上、あまりくだけすぎずに、普段よりも丁寧な言葉遣いを心掛けましょう。

 

お悔やみですので、「重ね重ね」や「またまた」など、不幸が繰り返されることを連想するような忌み言葉は避けます。

 

また、顔文字はくだけた印象がありますので、避けるようにしましょう。

 

文章の最後に「返信は不要です」の一言を添えると、相手に負担を掛けることがありません。是非この一言は入れたいものです。

 

お悔やみメールは、シンプルで読みやすく、相手に弔意が伝わるものがベストです。是非その点を心掛けるようにしましょう。

 

 

<お悔やみメールの文例とは?>

 

それでは、具体的にお悔やみメールの文例を見てみましょう。

 

 

1.お悔やみメール:親しい友人へ

 

件名:○○より/お悔やみ申し上げます

 

○○様のご逝去を知り、大変驚いております。

 

心からお悔やみ申し上げます。

 

心身共に大変な時だと思いますが、ご無理をなさいませんように。

 

何かお役に立てることがあれば、ご遠慮なくおっしゃって下さいね。

 

なお 返信は不要ですので、お気遣いなく。

 

 

2.お悔やみメール:取引先などビジネス相手へ

 

件名:○○より/お悔やみ申し上げます

 

○○様の突然の訃報に大変驚いております。

 

心身共にお辛い状況にもかかわらず

 

ご丁寧なご連絡を頂きまして、有難うございました。

 

慎んでお悔やみを申し上げます。

 

なお、お返事はご無用に願います。

 

 

3.お悔やみメール:会社の上司へ

 

件名:○○より/お悔やみ申し上げます

 

御連絡、ありがとうございました。

 

本来であれば、弔問に伺うべき処ではございますが

 

略儀ながらメールにてお悔やみ申し上げます。

 

なお、特にご指示がない場合は、ご返信にはおよびません。

 

仕事については気になさらず、どうかゆっくりと

 

最後のお見送りをなさって下さい。


スポンサーリンク