NTTのお悔やみ電報サービスとは?

スポンサーリンク

NTTお悔やみ電報サービスとは?

急に舞い込んできた訃報の連絡。すぐに駆けつけたいところですが、遠方の場合や、どうしても参列出来ない事情がある場合、電報で弔意を示したいもの。

 

そんな時、かつては電話で電報を依頼していましたが、最近ではインターネットで簡単に電報の手配が出来るようになりました。

 

インターネットでもお悔やみ電報を扱う会社が数多く出来ましたが、中でもNTTのお悔やみ電報サービスはとてもお得で便利です。

 

一体、NTTのインターネットでのお悔やみ電報とは、どの点が便利でお得なのでしょうか?

 

 

<NTTのお悔やみ電報の利点とは?>

 

NTTのお悔やみ電報サービス(D-MAIL、と言うそうです)は、以下の利点があるようです。

 

1.住所検索機能:お届け先の住所を簡単に検索出来るそうです。

 

2.式斎場検索機能:お届け先の式場名の一部や電話番号から、式場の住所が検索できるそうです。全て打ち込む手間が省けますね。

 

3.発信履歴管理:会員登録が必要ではありますが(タダです)、発信した電報の履歴が3か月前の申し込み分まで、閲覧が出来るそうです。お悔やみが重なった時、きちんと電報を送ったか、記憶があいまいな時に役立ちそうですね。

 

4.迅速な配達:当日の午後7時までに申し込めば、当日配達も可能だそうです。急いでお悔やみ電報を送りたいときは助かりますね。

 

5.選べる支払方法:支払方法はカード決済もしくは電話料金と合算して支払うことが可能です。利用できるカードも多彩で、NTT Group Card、VISA、Master、JCB、AMEX、ダイナーズクラブカードが利用可能だそうです。

 

 

<NTTのお悔やみ電報がお得な理由とは?>

 

それでは、NTTのお悔やみ電報が、他社のお悔やみ電報会社よりお得な理由はどこなのでしょう?

 

実は、NTTのお悔やみ電報サービスを使うと、電話で申し込むより電報料金が40円(税別)お得だそうです。

 

また、通夜や告別式が3日前に営まれる場合、お届け日の3日前にNTTお悔やみ電報サービスを使うと、190円(税別)お得だそうです。

 

お悔やみ事は事前に準備することがないですが、NTTのお悔やみ電報サービスを使うだけで40円は確実にお得になります。

 

小さな金額ではありますが、馬鹿には出来ませんね。

 

 

<NTTのお悔やみ電報サービスの料金体系とは?>

 

NTTのお悔やみ電報サービスの料金体系は、

 

電報料金=メッセージ料+台紙料金+オプション料金+消費税 となっているそうです。

 

メッセージ料は、26文字以上は、5文字増える毎に90円(税別)加算となりますので、短くしたほうがお得ですね。

 

台紙料金は、シンプルなもの、押し花付、刺しゅう電報など、グレードによって料金は変わります。

 

オプション料金は、宛先が同一で連名にする場合、1名を越える毎に60円(税抜)が掛かります。

 

また、より丁寧な毛筆風書体で縦書きにする場合は1通毎に100円(税抜)。

 

配達通知を電話かFAXでお知らせする場合は、1件毎に800円(税抜)掛かります。

 

配達通知は、NTTお悔やみ電報サービスの会員登録があれば、タダで閲覧できますので、基本は不要ですね。


スポンサーリンク