お悔やみの手紙

スポンサーリンク

お悔やみの手紙の注意点と良く使う言葉とは?

お悔やみの手紙は、訃報を受けたものの、何らかのやむをえない事情により、残念ながら弔問出来ない場合に送る手紙を言います。

 

お悔やみの手紙には、どのような注意点があるのでしょうか?またどのように書いたら良いのでしょうか?

 

 

<お悔やみの手紙の注意点:タイミング>

 

訃報を受けても、事情により参列出来ない場合は、まずは弔電を打ち、弔意を示します。

 

その後、出来るだけ早く香典とお悔やみの手紙を不祝儀袋に入れ、現金書留で送る様にします。

 

お悔やみの手紙の文面を考えていたら、遅くなってしまった!とならないように、現金書留での送付は迅速に行うようにしましょう。

 

 

<お悔やみの手紙の注意点:文章>

 

お悔やみの手紙では、時候の挨拶や頭語は不要で、冒頭からお悔やみの言葉を述べるようにします。

 

「重ね重ね」や「ただだた」などの重ね言葉や、「死ぬ」「滅ぶ」「追って」などの忌み言葉も避けるようにしましょう。

 

また、故人がたとえ長寿であっても「天寿を全うした」などという表現は、「もっと長生きして欲しかった」と思う遺族の気持ちを逆なでします。

 

むしろ故人の人柄を褒めたり、思い出話を入れるなど、遺族を労わるような、暖かで優しい文章にしましょう。

 

 

<お悔やみの手紙の注意点:宗教>

 

故人が神道やキリスト教など、仏教以外の信者であった場合、「冥福」や「成仏」などの言葉は使えません。

 

また、文章の最後に「合掌」と記載するのも仏教以外は避けるようにしましょう。

 

 

<お悔やみの手紙の注意点:弔問欠席の理由>

 

通夜や葬儀など、お悔やみの弔問に欠席する理由は、詳しく書く必要はありません。

 

葬儀の場所が遠い場合は、「遠路ままならず〜」や、病気療養中の場合は「病床についており〜」などの表現で問題ありません。

 

また、結婚式や出産など、祝い事と重なった場合は、「やむをえない事情で〜」と、あえて理由をぼかすことがマナーです。

 

お悔やみの手紙は、遺族を思いやり、慰める手紙です。是非そこを念頭に入れて書くようにしましょう。

 

 

<お悔やみの手紙で、よく使われる言葉:遺族への慰め>

 

以下のように、遺族の悲しみに寄り添った表現は、よく使われますので、なるべくお悔やみの手紙に入れるようにしましょう。

 

・お悲しみはいかばかりかとお察し致します

 

・さぞご無念のことと拝察致します

 

・お力落としのことと、お察し申し上げます

 

・お心を強くもたれ、一日も早く笑顔を取り戻されますよう…

 

・さぞご落胆のことと存じます

 

 

<お悔やみの手紙で、よく使われる言葉:追悼>

 

・謹んでご冥福をお祈り申し上げます (注:仏式のみ)

 

・ご逝去のお知らせを受け、心よりお悔やみを申し上げます

 

・○○様のご逝去を悼み、心よりお悔やみを申し上げます。

 


スポンサーリンク